HOME > 被相続人死亡後の手続き > 最初の手続き

最初の手続とは

最初の手続についてご説明いたします。
相続とは、被相続人が死亡したときから開始されます。

この場合、相続人は相続が確定したのではなく、財産を受け継ぐ権利が発生したということになります。

相続が発生したら、まず最初におこなう手続は、死亡届の提出です。
死亡後7日以内に医師の死亡診断書を添付して、該当する市区町村の長に提出します。

各自治体が、死亡届けを受理すると、税務署に資料を送付し、税務署が亡くなった人の財産の調査を開始いたします。

 

詳しい内容はこちら!

最初の手続きとは
期限のある手続きとは
相続手続きのチェック表


事務所周辺をご案内

 keshiki0724.png当事務所から西に120m行くと、上田城入口の交差点です。

keshiki0724a.png

当事務所から東に50m行くと、信州上田医療センター入口(旧長野病院入口)の交差点です。

jimu0911.jpg

当事務所内の入口から、事務所内の風景をご紹介します。

相続に関する相談は上田佐久相続遺言相談センターへどうぞ!

無料相談バナー.PNG

問合せバナー.PNG

  フリーダイヤル対象外地域の場合: ☎ 0268-71-0485

初回事務所相談(無料)実施中! 0120-112-489
つながらない場合はこちらまでお電話ください
0268-71-0485

 

トップページバナー.PNG 

 

司法書士・行政書士による無料相談実施中! まずは無料相談のお問合せを下さい