HOME > 相続方法の決定 > 単純承認とは

単純相続とは

単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。

相続開始を知った時から、3ヶ月以内(熟慮期間)に限定承認の手続きをとらない場合、

自動的に単純承認となります


また、この他に下記の場合には単純承認したことになります。

 

  • 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき
  • 相続人が、相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき
  • 相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき


これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意しましょう。

 

詳しい内容はこちら!

単純承認とは
相続放棄とは
限定承認とは


事務所周辺をご案内

 keshiki0724.png当事務所から西に120m行くと、上田城入口の交差点です。

keshiki0724a.png

当事務所から東に50m行くと、信州上田医療センター入口(旧長野病院入口)の交差点です。

jimu0911.jpg

当事務所内の入口から、事務所内の風景をご紹介します。

相続に関する相談は上田佐久相続遺言相談センターへどうぞ!

無料相談バナー.PNG

問合せバナー.PNG

  フリーダイヤル対象外地域の場合: ☎ 0268-71-0485

初回事務所相談(無料)実施中! 0120-112-489
つながらない場合はこちらまでお電話ください
0268-71-0485

 

トップページバナー.PNG 

 

司法書士・行政書士による無料相談実施中! まずは無料相談のお問合せを下さい