HOME > 相続方法の決定 > 相続放棄とは

相続放棄とは

プラスの財産よりもマイナスの財産が多い時など、何らかの原因で相続人になりたくない場合に相続権そのものを放棄することを「相続放棄」と言います。

例えば、被相続人に多額の借金があった場合などは、相続人がそれら財産や借金の相続を「引き継がない」と申請することができます。

相続放棄できる物としては、基本的には相続対象となる物全てとなります。

相続対象となる物

  1. 「不動産」「現金」「株式」「自動車」等のプラスの財産
  2. 「借金」「住宅ローン」「損害賠償請求権」「損害賠償責任」等のマイナスの財産


相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。

相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。
その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。

 

詳しい内容はこちら!

単純承認とは
相続放棄とは
限定承認とは


事務所周辺をご案内

 keshiki0724.png当事務所から西に120m行くと、上田城入口の交差点です。

keshiki0724a.png

当事務所から東に50m行くと、信州上田医療センター入口(旧長野病院入口)の交差点です。

jimu0911.jpg

当事務所内の入口から、事務所内の風景をご紹介します。

相続に関する相談は上田佐久相続遺言相談センターへどうぞ!

無料相談バナー.PNG

問合せバナー.PNG

  フリーダイヤル対象外地域の場合: ☎ 0268-71-0485

初回事務所相談(無料)実施中! 0120-112-489
つながらない場合はこちらまでお電話ください
0268-71-0485

 

トップページバナー.PNG 

 

司法書士・行政書士による無料相談実施中! まずは無料相談のお問合せを下さい