HOME > 相続財産の名義変更 > 相続財産の名義変更

相続財産の名義変更

    プレゼンテーション1-thumb-190x271-57.jpg

相続登記が終わっていない(亡くなった方の名義のまま)だと、不動産の資産価値は0円に等しいと言えるのではないでしょうか。 

というのも、相続登記(名義変更)が完了していないと不動産は売却できないからです。つまり、

売却できない⇒市場価値なし⇒資産価値0円

仮に、今は売却するつもりがなくても、後に不動産を買いたいという方が現れるかもしれません。その場合、すぐに相続登記ができるとは限りません(相続登記の完了までに時間がかかる場合もあります)。買主が購入を急いでいる場合、相続登記が完了していないと、売買が成立しない可能性もあります。さらに、 

相続登記をしない間に、


相続人のABCの内Cが住宅ローンを延滞
  ⇓
相続登記が済んでいない土地・建物を
Cの債権者が代位により相続人ABCの共有の相続登記(法定相続)
  ⇓
その上でCの債権者が共有不動産のCの持分を差押

 

※Cの債権者は、Cの持分を差押する為に、相続人に代位して法定相続の登記が可能です。

上記のような事態にならない為にも、相続登記は早めにしましょう! 

また、名義変更(相続登記)が遅くなると、早く手続きした場合に比べて、費用が多くかかることがあります

未来につなぐ相続登記パンフ.png
法務省も相続登記を推奨しています。

手続きを先送りせず、ご自分の代で名義変更(相続登記)を完了させておくことが、ご子孫に負の遺産を残さず賢明だと言えるでしょう。

さらに、名義変更(相続登記)を早目しておかないと、以下の事例のようなことが発生する可能性がありますので、手遅れになる前に、お早目のご相談をお勧めいたします。

 

【事例1】

被相続人:亡父  相続人:母・長男・次男

不動産は長男が単独で相続する予定であったが、亡父名義のまま、相続登記(名義変更)をしないでいる間に、次男が交通事故で急逝。次男の相続人には妻と子2人がいるが、夫が亡くなり、収入がなくなった次男の妻が、遺産分割を要求。

次男が元気の間であれば、次男の妻の意思に関係なく、母と次男の同意で、相続登記(名義変更)ができたはずだった。 

 

 

【事例2】

被相続人:亡父  相続人:長男・次女

一戸建ての家には、長男が一人で住んでいるが、亡父名義のまま、相続登記(名義変更)しないでいる間に、長男がリストラで失業。土地と家を売って、当面の生活費にあてようと考えたが、相続登記(名義変更)が完了していないので、売却はできず、失業して貯金もないため、相続登記(名義変更)の費用も捻出できない。

失業前の収入がある間に、相続登記(名義変更)しておけば問題ないはずだった。

 

【事例3】

被相続人:亡父  相続人:母・長男・次男・長女

不動産は長男が単独で相続する予定であったが、相続登記をしないでいる間に、長女が海外勤務となってしまい、結婚もして多忙のため、自分が相続しない相続手続きに非協力的。

長女が国内勤務の間であれば、スムーズに相続登記(名義変更)ができたはずだった。

 

newol01.PNG

相続財産の名義変更においては、

下記4つの点を見ていく必要があります。

どうぞ、ご参照ください。